印鑑利用シーン

就職や結婚、マイホームやマイカーの購入など、人生では多くのイベントが起こります。
このページでは、そうしたライフイベントに必要となる判子についてご説明します。

就職・転職

就職・転職

就職・転職する際には、退職手続きや入社手続きなどさまざまな手続きがあり、それに伴う提出書類も少なくありません。
どのような手続きにどのハンコが必要となるかを知っておくことは、そういった手続きを円滑にすることに役立ちます。

就職に関する主な手続きや書類と必要なはんこを以下にまとめました。

※必要な書類は会社によって異なります。

就職活動中に必要な書類と印鑑

手続き・届出 必要な印鑑
履歴書 認印
内定承諾書書 認印

就活では、何枚も履歴書やエントリーシートを書き、その都度認印が必要になります。
シャチハタではなく、ちゃんとした認印で押印しましょう。
シャチハタは正式な書類では受けつけられないことが多いため、応募先の企業にあまりよく思われない可能性があります。

また、履歴書・エントリーシートに誤字脱字があった場合、つい訂正印で修正したくなってしまいますが、一から書き直すことをオススメします。
訂正印の使用もシャチハタ同様、企業の心証を悪くしてしまうかもしれません。

入社時に必要な書類と印鑑

手続き・届出 必要な印鑑
扶養控除等申告書 認印
健康保険被扶養者異動届 認印
給与振込先の届書 認印
入社誓約書 認印
雇用契約書 認印
身元保証書 認印
住民票記載事項証明書 認印
新規口座開設(給与振込) 銀行印

このほかにも入社後、実際に働くときには書類作成の機会が増えるため、認印は業務上必要なものになるでしょう。
取引先で恥をかかないために、仕事用のきちんとした判子を事前に購入されておくことをおすすめします。

給与振込のための口座は、すでにもっている口座と別に、会社指定の銀行で作成することが多いようです。
それを見越して、認印と一緒に、銀行印も用意しておくとよいかもしれません。

転職・退職時に必要な手続きと印鑑

手続き・届出 必要な印鑑
退職願 認印
国民健康保険の手続き 認印
国民健康保険の自動振替手続き 銀行印
健康保険任意継続の手続き 認印
健康保険被扶養者の手続き 認印
国民年金の手続き 認印
失業保険の手続き 認印
確定申告 認印

退職する際にも、入社時と同様さまざまな手続きが必要となります。
会社に返却するもの、受け取るべきものを確認し、スムーズに申請ができるよう準備しましょう。
必ずしも上記の手続きが必要になるとは限りません。会社ごとに内容が異なりますのでご留意ください。