印鑑の種類

印鑑にはいくつか種類があり、使用する場面や頻度などが異なります。
このページでは主な印鑑の種類についてご紹介します。

認印とは

認印

認印とは、郵便物の受け取りや書類にサインする際などに、自分が承認したことを示すはんこ。
印鑑登録を行っているものは実印、行っていないものはすべて認め印となります。

実印・銀行印とくらべて使用頻度は高く、日常生活の中でよく使用されます。
実印が重要な契約、銀行印が口座の出入金などで使用される一方、認印は重要性が低いように思われがちですが、捺印する際は実印と変わらず責任が生じます。
あまり知られていないことですが、実印と認印は法的効力が同等なのです。
認め印であっても重要な契約で求められることもありますし、気軽に押印してしまうと、実印同様、悪用されてしまう可能性もあるためご注意を。

認印はつい安価なハンコを使ってしまいがちです。
荷物の受取りや回覧に押す印鑑には問題ないのですが、仕事や重要な契約で使用するものは、きちんとした判子をひとつ持っておきたいものです。

使用例:郵便物の受け取り時
使用頻度:高
おすすめ材質:玄武薩摩本柘など

その他の印鑑