印鑑の種類

印鑑にはいくつか種類があり、使用する場面や頻度などが異なります。
このページでは主な印鑑の種類についてご紹介します。

実印とは

実印

実印は、住民登録をしている市区町村の役場で印鑑登録をしたハンコのこと。
役所が「捺印した本人の印影である」ことを証明してくれるため、とても信用性が高く、重要な契約で用いられます。

女性の実印は、苗字のはいった印章を登録していた場合、結婚し姓が変わったときに、実印変更の手続きが必要となります。
そのため、名のみで登録することをおすすめします。

「実印」と銘打って販売されているはんこは、あくまで実印向けに作られた判子なので、購入するだけでは実印として使用はできません。
必ず印鑑登録を行なう必要があるためご注意を。

使用例:不動産登記、金銭消費貸借契約(ローン契約)、自動車登録書など
使用頻度:低
おすすめ材質:チタン玄武など

その他の印鑑