印鑑にはいくつか種類があり、使用する場面や頻度などが異なります。
このページでは主な印鑑の種類についてご紹介します。

銀行印とは

銀行印

銀行印とは、銀行で口座開設するときに登録するはんこのこと。銀行では「お届け印」や「届出印」ともよばれます。

口座開設の際に大抵の銀行で必要であり、また開設後の取引で使用されます。
銀行印と通帳があれば、窓口での出入金が可能になります。
銀行印が必要なシーンはその他にも、通帳やキャッシュカードを紛失したとき、口座登録した住所や氏名を変更するとき、クレジットカードの契約をする場面など。

金銭にかかわる重要な印章であるため、実印と同様、唯一性の高いものが良いとされています。
同じ印面が大量生産されているような、三文判は不向きです。
また、ひとつのハンコを実印や銀行印、認印として併用するのも、使用頻度が上がる分、紛失したり、印面を複製される可能性が高まるためオススメできません。

使用例:銀行口座開設、口座取引、クレジットカード契約
頻度:中
おすすめ材質:チタン玄武など

その他の印鑑