印鑑証明/紛失の手続き

印鑑登録とは?実印を紛失したらどうする?印鑑証明の取得方法などを分かりやすくご説明します。
実印が必要になる前に、確認しておきましょう。

印鑑登録とは

実印用のはんこを購入したとしても、印鑑登録(実印登録とも)を行わなければ実印とはいえません。
実印や印鑑証明書は不動産や自動車の購入といった重要な場面に必要となりますので、実印の制度について理解しておくことが大切です。

印鑑登録できる人

居住する市区町村に住民登録をしている、15歳以上の方
※外国人の方は外国人登録をしている必要があります

印鑑登録に必要なもの

  • 登録するはんこ
  • 本人確認書類(免許証やパスポートなど)
  • 登録費用(数百円程度)

※代理人が申請する場合は委任状が必要

印鑑登録できるはんこ

  • 一辺8mmから25mmの正方形に収まるもの
  • 住民基本台帳や外国人登録原票に記載されている氏名、氏または名を表しているもの
  • 氏名以外の文字やイラスト、装飾がはいっていないもの
  • 他人が既に印鑑登録していないもの
  • 判読が困難でないもの(文字が欠けていたり印影が不鮮明であるなど)
  • ゴム印など変形しやすい材質でないもの

※地域によって登録できる条件が異なる場合があります。
事前に確認しておくとよいでしょう。

シャチハタやゴム印は印影が変形しやすいため、実印登録できません。

印鑑登録の流れ

  • 自身が住民登録をしている市区町村役場に行きます。
  • 備え付けの登録申請書を記入し、ハンコと一緒に窓口へ申請します。
  • 申請が完了すると印鑑証明の発行に必要な「印鑑登録証」というカードが交付されます。

印鑑証明とは

印鑑証明は実印とセットで使用されます。
実印が間違いなく本人のものであるか、本人が書類の作成者であるかを確かめるため、実印を押した書類と一緒に提出されます。

印鑑証明書の取得方法

  • 印鑑登録をした市区町村役場に「印鑑登録証」や本人確認書類、手数料を持参し出向きます。
  • 備え付けの印鑑証明交付申請書に記入し、提出すれば発行してもらえます。

はんこを紛失

実印を紛失してしまった場合、直ちに市区町村役場に行きその旨を届け、実印廃止の手続きを行います。
これにより他者が印鑑証明書を発行し、悪用される可能性を防ぎます。

改印届を提出し、新しいはんこを実印として登録します。
申請が完了すれば、紛失した実印の効力がなくなり不正利用を防ぐことができます。

※本人が申請する場合は新たに登録するハンコ、本人確認書類(運転免許証、パスポートなど)、手数料、印鑑登録カードなどが必要となることが多いです。
※代理人に依頼する場合は本人からの委任状、代理人の本人確認書類、登録する人の本人確認できるもの、手数料(不要な場合も)などが必要です。

万一のために、警察にも紛失届を提出し、紛失届出証明書を受け取っておくとよいでしょう。

銀行印を紛失してしまった場合も同様に、ただちに銀行に届け出て改印届を提出しましょう。
他者によって不正な銀行取引が行われないようにします。
その際、新しい銀行印、通帳、本人確認書類などが必要です。