印鑑のサイズ

判子の一般的なサイズを、男女別にご紹介します。
実印・銀行印・認め印ごとに最適な大きさがあるので、はんこ購入の前に押さえておきましょう。

おすすめサイズ

個人印鑑

  • 実印 男性:直径15~18㎜ 女性:13.5~15㎜
  • 銀行印 男性:13.5~15㎜ 女性:12~13.5㎜
  • 認印 男性:10.5~13.5㎜ 女性:9~12㎜

大きい順に、 実印 > 銀行印 > 認印 というのが一般的なはんこのサイズ。
住宅や自動車の購入など、人生のビッグイベントで使う実印が最も大きく、日常的にさまざまな用紙に捺印する認め印は小さめのサイズ、銀行印は中くらい、となっています。
印章ごとにサイズが異なることで、パッと見で判断できるようになるためおすすめですよ。
ちなみに実印はサイズ規定があり、「8mmの正方形からはみだし、25mmの正方形に収まる大きさ」でないといけません。

どの印鑑も、男性には大きめサイズが、女性には小さめサイズが人気。
また、認印に関しては、役職者は大きなものを、部下は上司より小さめのものを、というビジネスマナーがあるのでご留意ください。

法人印鑑

  • 実印 =代表社印 18~21㎜
  • 銀行印 16.5~18㎜
  • 認印 =角印(社印とも) 15~16.5㎜

会社実印のサイズ規定は、「10mmの正方形からはみだし、30mmの正方形に収まる大きさ」です。
社名の文字数にもよりますが、大きくても24,5mmくらいが定番。

法人印も個人と同様、大きい順に 実印 > 銀行印 > 認印 となるサイズが一般的です。

サイズイメージ