印鑑の書体

ハンコの種類と印材が決まれば、書体を選びます。
書体によって読みやすさや全体の印象も変わりますので、用途に合わせたものを選びましょう。
実印や銀行印には読みにくい書体のもの、認印にはわかりやすい書体のものが推奨されています。

篆書(小篆)体

篆書体

秦の時代に作られた、文字の中で最も古い歴史のある書体です。
判読性が低いため、偽造されにくいことから実印として主流となっています。
やわらかく気品のある文字が魅力的です。

おすすめ種類:実印銀行印

隷書体

隷書体

篆書が簡略化されてできた書体です。文字が少し横長になっているのが特徴です。
古い書体ですが読みやすいため、認印としてよく使われます。

おすすめ種類:認印

印相体

印相体

篆書をもとにつくられた書体で、文字と枠が接していることが多いため枠部分が欠けにくいという特徴もあります。
デザインも複雑で判読性が低いことから、篆書とともに実印に向いた書体となっています。
印相体は「吉相体」などとも呼ばれ、縁起のいいものともいわれています。

おすすめ種類:実印銀行印

古印体

古印体

日本で開発された書体で、独特の「途切れ」や「ふくらみ」はとても趣があります。
また、判読性も高いため認印の書体として最も定番となっています。

おすすめ種類:認印

楷書体

楷書体

一点一画が崩されていない、標準的な書体です。
三文判の多くが楷書体で彫刻されています。大変読みやすい文字ですが、そのため実印や銀行印にはあまり使われません。

おすすめ種類:認印

行書体

行書体

楷書を少し崩したような柔らかい印象のある書体です。
筆で書いたような流麗な文字と草書ほど読みにくくもないことから、男女ともに安定した人気があります。

おすすめ種類:認印

草書体

草書体

隷書が簡略化されてできた書体です。
文字をはやく書くために作られたため、読みにくい場合があります。
そのため印鑑に用いられることは比較的少なくはなりますが、芸術的な美しさが感じられる書体です。

おすすめ印鑑:認印